個人投資家には債権がおすすめ

債券は預金と株式の中間くらいのリスクで、個人投楕家の「 Buy & Hold (買って保有しつづける)」戦略には最適な金融商品なのです。
ある雑誌のアンケート結果によるといった、株式投資の場合、85%以上のトレーダーが含み損 をかかえているそうです。
実に、株で利益を出すためには、並みいるプロ相手に金融市場で闘うわけですから、大変な労力が必要です。勉強だってたくさんしなくてはなりません。
しかし忙しい毎日の中で、株の勉強 にそれだけの労力をかけられる人はどれだけいるでしょうか?
そこへいくと債権は株などと比べて値動きが少ないのであまり勉強しなくてもいいのです。
というと債券トレ ー ダーや債券 ポー トフォリオ ・ マネ ー ジャ ーに怒られそうですが、株式投資ほど勉強しなくても、償還期限まで待てば損をすることはあまりありません。トレーダーが決して労力をかけずに安全に資産運用できる商品、それが債券なのです。
さて、さっきも書きましたが、債権はかんたんに言えば国や 企業などに貸した「借金のライセンス」です。つまりは、他人にお金を貸して一定の利子って元本の返済を受ける権利(債権)を持つということを証明する書類ですね。ですから、債権を買うというの は、他人に直接お金を貸しつけることになるわけです。
銀行の業務のほとんどはお金の貸しつけですから、みなさんが貯蓄をするときは、 企業において間接的にお金を貸しつけていることになります。
ここでは2つほど専門用語を頭に入れてください。「償還」と「プレミアム 」 です。
債券を買うという行為を通じてお金を貸しつけてくれた人(債権者)に、 お金を借りた人(債務者)がそのお金を返済することを「償還」と言います。また 、「~年物」という書き方をしたときは、 こ の償還期限までの(残存)年数をいっていることです。
また 、「プレミアム」は、 金利の上乗せ分のことです。例えば、 リスクが高い商品ほど収益率が良いといいました が、 リス クが高いことに関する上乗せ分のことを「リスク・プレミアム」は英語のpremium形容詞では「上等の 」ということになりますが、 名詞では掛け金のことをあらわします。ですから、「プレミアムが大きい」は金融の世界ではいまいち艮いイメ ジではありません。「償還」といった「プレミアム」、 もう覚えましたね?

バイナリーオプションコツ